tubakuroの独り言
「名古屋のツバメ営巣記録(90年〜92年)」管理人 tubakuro のブログ風
おしゃべりコーナーです。 
掲載日順に読む

(富士鷹なすび氏無料素材集より)→



1月の新聞から   2018年1月31日

今月の中日新聞から2題。

中日新聞では今年から1面左下に「平成のことば」が載っています。
時々見て、アッそう言えばそういう言葉あったナ〜と、この30年の流れを感じながら読んでいます。

25日朝、新聞を手に取った時、私はドッキッとしました。
「君はこのごろ平和についてどう考えてる」
憲法学者の奥平康弘さんの言葉です。亡くなられる前日、奥様への問いかけですが、パッと見たときに、私にも突き付けられているように感じました。
戦争を体験し、感覚的にも学問的にも平和憲法の意義を深く理解し、守ろうとした奥平先生の言葉は、重いです。

20日夕刊のトップ見出しには、エッ!!、でした。
「トキの餌場 増えた」「コンタクトの汚れ除去応用」
コンタクトとトキ、どう見ても結び付きませんが、記事をじっくり読んで納得。
佐渡でトキの餌場確保のための冬水田圃。残っている稲わらが、なかなか微生物に分解されにくく、翌年の苗の成育に影響していたとか。
そこでメニコンは、レンズ汚れ落とし技術を応用して、稲わらの分解促進剤を開発した、とか。
これによって、水を張ってあっても翌年の稲作への影響が低減され、冬水田圃が増えたと。
トキにとって嬉しいニュースですネ。

トキに優しい環境は、ツバメにだって嬉しいはず。
そして平和であることは、ツバメにとっても大事!。
無理矢理(?)ツバメに繋げました。


↑このページトップへ



今年もよろしく   2018年1月13日

今年初の書き込みです。
今年もツバメ関連やツバメ無関係をダラダラと書いていきますので、よろしくお願いします。

寒いので外出もせずに、友人達からの年賀状を整理していました。

昔は宛名の文字を見ただけで、誰からか判ったのですが、今はパソコン文字が多くなって・・それでも結構それぞれ個性的(?)。

今年は7日を過ぎると10円切手を貼り足さなければならない・・・という変則的料金設定もあってか、元日と3日で皆届きました。ありがとうございます。

でも来てない友人がいたので聞いたら、「7日過ぎに行ったらもう売ってなかった」と。(年末年始多忙な友人なので、まあ仕方ないかな〜〜)

「自宅マンションにイソヒヨドリが来ます」と言う人。

餌を口一杯銜えたヤイ〇チョウの写真。

愛犬とお孫さんのお写真。

などなど。

フッと目を上げた壁には、ツバメが飛んでいます。
友人からのカード。
エッフェル塔に可愛い香水瓶、ピンク系のカード、その先にツバメが繋がっている楽しいデザインです。
御雑煮もこのカードを見ながら食べていました。


↑このページトップへ   ↑ひとつ上を読む



「つばめ」飛ぶ!   2017年12月24日

なにげなく見ていたテレビニュース。「つばめ」も成功・・・と。

エッと思って身を入れて聞くと。

種子島宇宙センターから打ち上げられたH2Aロケット1機で、2つの衛星を異なる軌道に飛ばすことに成功したと言うこと。
その一つが「つばめ」で、もう一つは「しきさい」。
「しきさい」は地球温暖化の仕組み解明のための環境衛星。「つばめ」は低い軌道での安定性試験のためと。

う〜ん、どうせなら環境衛星を「つばめ」にして欲しかったナ〜。
でも新聞を読むと、「つばめ」が飛ぶ高度は大気の抵抗が大きく、飛び続けることが難しい位置とのこと。
なるほど、飛翔能力の高いツバメにあやかっての命名か!!。と、納得。

一度で二度美味しい(?)この打ち上げ。「つばめ」も「しきさい」も、宇宙の平和利用を決して忘れずに頑張ってね。


↑このページトップへ   ↑ひとつ上を読む



やはり節電   2011年3月15日(←記載年に注意)

今回の大地震で、関東などでは「計画停電」という聞き慣れない事態になっています。
西と東とでは電気の周波数が違うので、こちらでどんなに節電しても、東にはある一定量しか届けられません。

でも、これからの事を考えたら、やはり節電していく事が大事だと思います。
電力消費量を極力抑えて、稼働中の原発を一基でも休止できるようにすること。それが豊富な電力に甘えてきた私たちが、今できる、原発周辺住民に対する礼儀だと思います。


追記1.〜41.(削除)


追記42.(2018年1月13日)
今年の元旦、中日新聞トップ記事は、原発事故の汚染土壌を詰めた袋が作業の手抜きで漏水の懸念、というものでした。中日の特ダネのようです。
大量に山積みされたあの黒い袋です。この袋はいずれ中間貯蔵施設に運ばれるものだし、たぶん汚染の度合いは、そんなに高くないのかもしれません。しかし今後の原発本体での作業のことも思うと、不信感は拭えません。


追記43.(2018年1月171日)
昨日の新聞2面に小さな記事。「★基準値超え魚介類ゼロ」の見出し。福島沿岸海域で実施されているセシウム濃度検査で、年間を通じて全検体の結果です。良かったです。


↑このページトップへ   ↑ひとつ上を読む



 ・1月の新聞から

 ・今年もよろしく

 ・「つばめ」飛ぶ!

 ・やはり節電 (※1/13) (※1/17)


 ※印は追加記載。
 適宜削除してます。


 ・トップページへ

 ・リンク集へ



.........................

(紹介書籍


 ◎「世界鳥名事典」
      三省堂 発行
      吉井 正 監修
      6500円+税
      ISBN 4-385-15378-7

 ◎「ツバメの街」 森の新聞シリーズ13
      フレーベル館 発行
      川道美枝子・須川 恒 共著
      1500円+税
      ISBN 4-577-01851-9

 ◎「ツバメのくらし百科」
      弦書房 発行
      大田眞也 著
      1800円+税
      ISBN 4-902116-31-6

 ◎「空から見た名古屋市」 愛知県航空写真集
      中日新聞本社 発行・編集
      18000円
      発行 1989年4月
      ISBN 4-8062-0187-1


 ◎「原色非実用 野鳥おもしろ図鑑」
      日本野鳥の会 発行
      富士鷹なすび 作
      1900円+税
      ISBN 978-4--931150-46-1

 ◎「さんてつ」 (コミック)
      新潮社 発行
      吉本浩二 著
      552円+税
      ISBN 978-4-10-771652-1

.........................


(紹介した自費出版の報告書) 

 ◎「多摩川流域ツバメ集団ねぐら調査報告書」
      多摩川流域ツバメ集団ねぐら調査連絡会 
      案内は連絡会ブログのこちら↓
      6年間の調査の報告書が完成しました!

 ◎「名古屋市平和公園の鳥類2」
      平和公園鳥類調査グループ
      案内はグループHPのこちら↓
      センサスグループの本

.........................

(特別リンク)

 全国鳥類繁殖調査トップページ

.........................