tubakuroの独り言
「名古屋のツバメ営巣記録(90年〜92年)」管理人 tubakuro のブログ風
おしゃべりコーナーです。 
掲載日順に読む

(富士鷹なすび氏無料素材集より)→



人がいないと・・・   2017年9月24日

会報やお手紙など取り敢えず入れておく引出があります。溜まってきたら各々のファイルへ。
先日も溢れそうになった引出を整理していたら、7月20日中日新聞夕刊の切り抜きがでてきました。(2ヶ月分は溜まっていたと言うことですネ!)

人が住まなくなった集落での動植物の状況についての記事です。
深澤圭太氏(国立環境研究所)が、原発事故による帰宅困難地域に無人カメラや録音機を設置して調査した結果です。
増えたものも、減ったものもありますが・・・。
「ツバメは帰宅困難区域では鳴き声を聞くことがありませんでした」と。

たとえ、巣造りの場所である建物は残っていても、人が居なくなったところでは、安心して子育てができないのでしょうネ。

辛い話です。


↑このページトップへ



ようやく、2   2017年9月8日

全国鳥類繁殖分布調査のアンケートをようやく出すことができました。
今年の目玉はアオサギ、あと「おお」の付くもの2種が報告できたのも良かった〜。「か」の付くもの2種もなんとかAランク。「こ」の付くツバメも!

右欄の下に「特別リンク」として調査のトップページを貼り付けておきました。
ネットから直接報告もできますョ。

(それにしても「ようやく」とか「衝動買い」とかの見出しが多いですね。自分でも呆れてます)


↑このページトップへ   ↑ひとつ上を読む



ここでもサギが   2017年8月27日

愛知県美術館へ行ってきました。
お目当ての「鳥のコンサート」は、ちょうど会場の真ん中辺りで、かなり大きな作品でした。
金曜日ではなかったので、写真撮影は不可で少し残念。
その場所はまだ人も少なかったので、近寄ってじっくり鑑賞(観察?)。

ツバメは下の方で木の枝に止まっていましたが、中央に居たのはアオサギ!。
アオサギは、「鳥」のコンサートに紛れ込んできたコウモリを突いて追い出そうとしています。
指揮者のフクロウよりも、アオサギの方がその場を仕切っているようです。

春からの半年、アオサギに始まってアオサギで締めくくりです。(笑い)
(同じサギでも詐欺には合ってないので良しとしましょう)


↑このページトップへ   ↑ひとつ上を読む



ツバメいますョ   2017年8月22日

先日、お会いした鳥友が「ツバメいますョ」と言ってスマホの画面を見せてくれました。
いろんな鳥がワイワイガヤガヤと居る中で、木の枝に止まっているのは確かにツバメ。長い燕尾をピンと伸ばしています。
「エルミタージュ展で見たの。写真撮影できる日もあるョ」と嬉しそうに話してくれました。

「大エルミタージュ美術館展」は9月18日まで愛知県美術館。金曜日には全作品が撮影可になります(フラッシュを切るのをお忘れなく)

あの時代の絵画、そんなに好みではないけれど、「ツバメもいる」となると、いってみようかナ〜と思います。


↑このページトップへ   ↑ひとつ上を読む



幼鳥舞う   2017年8月8日

先週金曜日、東山公園のナイトズーへ行ってきました。と言っても、入園したのはまだ明るいうちで、出てきてたのも日没直前。明るいうちに鳥を見ようかと。
ナイトズー初日でお天気も良くて、普段の休日よりも人がいっぱい!!。
キョロキョロと見回すが、鳥影は無し。

ウ〜ダメか〜〜。でも取り敢えずボート池までは行ってみよう〜。

プロジェクションマッピングの始まるのを待つ親子連れを横目に池へ行くと、上空をツバメが数羽。
肉眼でも尾が短く見えたけど、双眼鏡を取り出して見ていたら、アレアレ数が増えて来た〜。
結局2〜30羽に。
見えた限りは幼鳥。
池の上空で餌取りをしながらも塒のある方向へと飛んで行きました。

これだけのことですが、私としては満足のナイトズーでした
そしてたぶん、これが今季最後のツバメの話題。


↑このページトップへ   ↑ひとつ上を読む



ようやく   2017年6月30日

話題になっていた(?)コシアカツバメの巣をようやく見ることができました。
デジカメを持って巣を写してきました。

コシアカツバメの巣を見るのは、何年かぶりなので、かなり興奮気味の私。
まず建物、次に少し近づいて巣、さらにアップで。
まるで大好きなアイドルの撮影会みたい?

だた、空巣なので、繁殖に成功したのか失敗したのかは不明です。

建物の構造は、まだまだ巣がいっぱい造れる状態なので、来年以降に期待。
コシアカツバメのコロニーになって、そこにヒメアマツバメが入ってきて・・なんて夢を膨らませながら帰ってきました。


追記(7月3日)
夕方、近くの池へ行きました。ひょっとしてツバメ塒が、と言う淡い期待もありましたが、本音は夕涼み!。
茂みの隙間から見えたのはカイツブリの親子。夕暮れの中、親鳥が寄り添って静かに休んでいました。ヒナはまだ親鳥の半分くらいの大きさでマダラ顔。親鳥の背中に乗る気配はありませんでした。
しばらく前から話題になっていましたが、コシアカツバメの巣と同様、私はなかなか見る機会に恵まれませんでした。
思いがけずに、ようやく見れたカイツブリ親子。しばらくすれば、ヒナは大人顔(?)になっているでしょうネ。



↑このページトップへ   ↑ひとつ上を読む



衝動買い   2017年5月3日

昨日、栄の〇善で衝動買いをしてしまいました。
CD付きの図鑑です。
収録は85種。少ない感じもしますが、身近なところで出会う鳥は、これで充分。
典型的な囀り以外だと判断に困る私にとって、地鳴きなども入っていて計250声は魅力でした。

ただ、このCD、パソコンからでないと聞くことができません。
買う前からこの事は判っていましたが、居間のソファーに寝転びながら・・・が出来ないのは、少し辛いです。

文一総合出版発行「鳴き声から調べる野鳥図鑑」です。
音声と解説文は松田道生氏。写真は菅原貴徳氏。カット絵は富士鷹なすび氏。
定価は3000円+税。


ついでに、今日らしい本を。
幻冬舎発行「日本国憲法を口語訳してみたら」
著者は塚田薫さん(発行時は学生)。
定価は1100円+税。
たぶん一番判りやすい憲法の本だと思います。
ソファーで寝転んで読むのが似合う本かな。
憲法が現代の若者言葉になっていますが、これを読むと、改憲する必要ないョネと、しみじみ思います。


追記(8月8日)
今年の夏は暑いです!!!。パソコンに向かっていると、パソコンの熱でボーとしてきます。(パソコン部屋にエアコン無し!!)
そんなある日、某ショップで卓上用の小型扇風機を見ました。スペースのない私の机でもなんとか収まりそう。しかも木目調のデザインで3電源。
もうこれは買うしかない!!!。
早速使ってみると、これがなかなかの優れもの。
顔に風が当たるだけで、頭スッキリ(!??)
今もパソコンと並んで頑張って動いてます。(ナニナニ、その割には駄文ですか)


↑このページトップへ   ↑ひとつ上を読む



やはり節電   2011年3月15日(←記載年に注意)

今回の大地震で、関東などでは「計画停電」という聞き慣れない事態になっています。
西と東とでは電気の周波数が違うので、こちらでどんなに節電しても、東にはある一定量しか届けられません。

でも、これからの事を考えたら、やはり節電していく事が大事だと思います。
電力消費量を極力抑えて、稼働中の原発を一基でも休止できるようにすること。それが豊富な電力に甘えてきた私たちが、今できる、原発周辺住民に対する礼儀だと思います。


追記1.〜41.(削除)


↑このページトップへ   ↑ひとつ上を読む



 ・人がいないと・・・

 ・ようやく、2

 ・ここでもサギが

 ・ツバメいますョ

 ・幼鳥舞う

 ・ようやく (※7/3)

 ・衝動買い (※8/8)

 ・やはり節電


 ※印は追加記載。
 適宜削除してます。


 ・トップページへ

 ・リンク集へ



.........................

(紹介書籍


 ◎「世界鳥名事典」
      三省堂 発行
      吉井 正 監修
      6500円+税
      ISBN 4-385-15378-7

 ◎「ツバメの街」 森の新聞シリーズ13
      フレーベル館 発行
      川道美枝子・須川 恒 共著
      1500円+税
      ISBN 4-577-01851-9

 ◎「ツバメのくらし百科」
      弦書房 発行
      大田眞也 著
      1800円+税
      ISBN 4-902116-31-6

 ◎「空から見た名古屋市」 愛知県航空写真集
      中日新聞本社 発行・編集
      18000円
      発行 1989年4月
      ISBN 4-8062-0187-1


 ◎「原色非実用 野鳥おもしろ図鑑」
      日本野鳥の会 発行
      富士鷹なすび 作
      1900円+税
      ISBN 978-4--931150-46-1

 ◎「さんてつ」 (コミック)
      新潮社 発行
      吉本浩二 著
      552円+税
      ISBN 978-4-10-771652-1

.........................


(紹介した自費出版の報告書) 

 ◎「多摩川流域ツバメ集団ねぐら調査報告書」
      多摩川流域ツバメ集団ねぐら調査連絡会 
      案内は連絡会ブログのこちら↓
      6年間の調査の報告書が完成しました!

 ◎「名古屋市平和公園の鳥類2」
      平和公園鳥類調査グループ
      案内はグループHPのこちら↓
      センサスグループの本

.........................

(特別リンク)

 全国鳥類繁殖調査トップページ

.........................