tubakuroの独り言
「名古屋のツバメ営巣記録(90年〜92年)」管理人 tubakuro のブログ風
おしゃべりコーナーです。 
掲載日順に読む

(富士鷹なすび氏無料素材集より)→



カイダン怖〜い   2017年12月2日

先回に引き続き同音異語で。

一般的に怖いのは怪談ですが・・・。
今、私は階段が怖〜いです。経験のある方ならお判りでしょうけど、膝痛なのです。

そんな私にとって、歩道橋は富士登山のような存在ですが、昔は歩道橋を見るとなんとなくソワソワワクワクしてきたものです。
ソ〜〜と階段裏を覗くと・・・ツバメの巣!

当時の歩道橋の階段は、ほんの少しですが踏み板部分が裏側に出ていて、ツバメが巣を掛ける足がかりになるような構造でした。

それが、何時の頃からか金属板で覆われてしまい「ツバメの足がかり」が無くなってしまいました。
すべての歩道橋がそうなったのか、私が楽しみにしていたところだけなのか?判りませんが・・・。

調査当時、「きっと歩道橋の巣は増えるョネ」と先輩と話していたことを思い出します。


↑このページトップへ



サギメール   2017年11月24日

友人が、携帯にア○ゾンから「動画閲覧料金の未納があるのでココへ電話・・・」というメールが届いたと、笑いながら話してくれました。(友人はガラ携でネットは見てません)

「手当たり次第」の詐欺メールに、私も大笑い。

同じ「サギ」でも営巣情報なら嬉しいけれど、こんな詐欺メールはお断りですネ。

サギと言えば、先日テレビを付けたら、動物園のタンチョウが餌を柵越しに、飛来したアオサギに与えていました。飼育員さんは、子どもと思っているようで、と。
いつか、このタンチョウが「ワァ〜サギだった」と思う時がくるのでしょうか??。

テレビと言えば、何かのCMに、飛んでいるツバメの画が一瞬入っていました。商品名は記憶にないですが、今の時期のツバメは印象的!!。


↑このページトップへ   ↑ひとつ上を読む



衝動   2017年11月5日

先日○善で、またまた衝動買い。
入り口すぐに平積みされていたカズオ・イシグロ氏の本を、つい手に取ってしまいました。
ほとんど先入観なしで読み始めた文庫本。今までで一番と言っていいほどの怖さです。

それでも、この衝動買いは成功だったナ〜と思いつつ、フッと頭の隅で「ショウドウ」と「燕」が合体して「ショウドウツバメ」が浮かんできました。

こちらの「ショウドウ」は「小洞」ですね。

一色の堤防で群れ飛んでいるのを何度も見てますが。
最初に見た時は・・・。
ツバメみたいだけど、ツバメじゃない!!(これはきっと超珍しい鳥かも)
で、塩田跡の方を熱心に見ていた鳥友に「アレは?」と聞くと、目線も変えずいとも簡単に「ショウドウツバメ」。
図鑑を見ると、崖に穴を掘って集団で営巣すると。
私にはちょっと衝撃的なツバメでした。


追記(11月8日)
本の題名を書き忘れました。早川書房で「わたしを離さないで」。小説の中に出てくる歌の題から取っています。かなり心に堪える怖さですが、いろいろ考えさせられる第一級の作品かナ〜と。

ショウドウツバメを初めて見た時のことも書いたので、ついでに(?)コシアカツバメの時のことも・・・。探鳥会でのこと、坂を登って尾根道に出た時、目の高さくらいを飛ぶ群れ。「ツバメ!」と思ったらリーダさんが優しい声で「コシアカツバメです。腰が赤いのが判りますか」。この辺りで営巣しているということもお聞きして、身近なツバメもいろいろ種類が居るんだ〜と感激。
ではイワツバメを初めて見た時は・・・。ちょっと忘れましたネ。ただこの鳥の営巣が名古屋市内で初めて確認された時の話は、強く印象に残っています。


↑このページトップへ   ↑ひとつ上を読む



冬鳥   2017年10月31日

数日前に友人がジョウビタキを見たと。
台風や選挙でバタバタしているうちに冬鳥の季節になっていたのですネ。

ツバメも東南アジアでは冬鳥です!!。


↑このページトップへ   ↑ひとつ上を読む



人がいないと・・・   2017年9月24日

会報やお手紙など取り敢えず入れておく引出があります。溜まってきたら各々のファイルへ。
先日も溢れそうになった引出を整理していたら、7月20日中日新聞夕刊の切り抜きがでてきました。(2ヶ月分は溜まっていたと言うことですネ!)

人が住まなくなった集落での動植物の状況についての記事です。
深澤圭太氏(国立環境研究所)が、原発事故による帰宅困難地域に無人カメラや録音機を設置して調査した結果です。
増えたものも、減ったものもありますが・・・。
「ツバメは帰宅困難区域では鳴き声を聞くことがありませんでした」と。

たとえ、巣造りの場所である建物は残っていても、人が居なくなったところでは、安心して子育てができないのでしょうネ。

辛い話です。


↑このページトップへ   ↑ひとつ上を読む



やはり節電   2011年3月15日(←記載年に注意)

今回の大地震で、関東などでは「計画停電」という聞き慣れない事態になっています。
西と東とでは電気の周波数が違うので、こちらでどんなに節電しても、東にはある一定量しか届けられません。

でも、これからの事を考えたら、やはり節電していく事が大事だと思います。
電力消費量を極力抑えて、稼働中の原発を一基でも休止できるようにすること。それが豊富な電力に甘えてきた私たちが、今できる、原発周辺住民に対する礼儀だと思います。


追記1.〜41.(削除)


↑このページトップへ   ↑ひとつ上を読む



 ・カイダン怖〜い

 ・サギメール

 ・衝動 (※11/8)

 ・冬鳥

 ・人がいないと・・・

 ・やはり節電


 ※印は追加記載。
 適宜削除してます。


 ・トップページへ

 ・リンク集へ



.........................

(紹介書籍


 ◎「世界鳥名事典」
      三省堂 発行
      吉井 正 監修
      6500円+税
      ISBN 4-385-15378-7

 ◎「ツバメの街」 森の新聞シリーズ13
      フレーベル館 発行
      川道美枝子・須川 恒 共著
      1500円+税
      ISBN 4-577-01851-9

 ◎「ツバメのくらし百科」
      弦書房 発行
      大田眞也 著
      1800円+税
      ISBN 4-902116-31-6

 ◎「空から見た名古屋市」 愛知県航空写真集
      中日新聞本社 発行・編集
      18000円
      発行 1989年4月
      ISBN 4-8062-0187-1


 ◎「原色非実用 野鳥おもしろ図鑑」
      日本野鳥の会 発行
      富士鷹なすび 作
      1900円+税
      ISBN 978-4--931150-46-1

 ◎「さんてつ」 (コミック)
      新潮社 発行
      吉本浩二 著
      552円+税
      ISBN 978-4-10-771652-1

.........................


(紹介した自費出版の報告書) 

 ◎「多摩川流域ツバメ集団ねぐら調査報告書」
      多摩川流域ツバメ集団ねぐら調査連絡会 
      案内は連絡会ブログのこちら↓
      6年間の調査の報告書が完成しました!

 ◎「名古屋市平和公園の鳥類2」
      平和公園鳥類調査グループ
      案内はグループHPのこちら↓
      センサスグループの本

.........................

(特別リンク)

 全国鳥類繁殖調査トップページ

.........................